タップル 巨乳 セックス

タップルで出会った23歳の巨乳女子とカラオケからラブホテルへ行ってきた

 

私は兵庫県に住んでいる25歳サラリーマンの男です。

 

 

彼女と別れて人肌が恋しくなったのでマッチングアプリを始めました。使用したマッチングアプリはタップル、ペアーズの2つですが、今回はタップルで出会った女の子との出来事を紹介します。

 

 

タップルを使おうと思ったきっかけはネットの広告を見たからです。

 

 

カフェからジャンカラ(カラオケ)でデート

相手の女性は当時僕より1つ年下の23歳で大阪で会社員をしている方でした。

 

世間的には評価の分かれそうな顔立ちでしたが、僕の好みの顔立ちであり、胸のサイズも大きく、女性としてとても魅力的な方でした。

 

その女性とは趣味が同じで、私のプロフィール欄で趣味のゲームの話を書いていたら相手の方から連絡が来ました。そこからゲームの話で盛り上がり、ラインを交換することができました。

 

ラインを交換してからは毎日のように電話をしていました。私はもちろん、相手の方もとても好意的だったと思います。

 

趣味がゲームと言うこともあり、今度一緒に対戦ゲームをしようと約束をとりつけました。

 

そしてデート当日、お昼頃に神戸駅で待ち合わせをして、最初はカフェに入りました。会うのが初めてということもあり、最初は緊張でうまく話せませんでしたが、喋っているうちに緊張も和らぎ、普通に会話ができるようになりました。

 

カフェでお茶したあとは、ゲームをする為に個室に行こうと誘い、近くのジャンカラに行きました。

 

この時から、彼女は僕にもたれかかったりと、ボディタッチが多めな気がしました。

 

個室に案内され、一通りゲームをしたり歌ったりした後、彼女が僕に向かって、奥手なんやね、と言ってきました。

 

次の瞬間、彼女から私に抱きついてきたのです。どうやら彼女は個室で僕に手を出される事を待っていたらしく、その為ボディタッチも多めになっていたようです。

 

しかしカラオケボックスで性行為をするわけにはいかないので、その場では膝枕をしてもらったり、胸を揉んだりする程度でした。

 

 

ただそこで私も彼女も興奮してきたようで、ホテルに行こうかという話になりました。

 

ジャンカラから徒歩10分くらいのところに、ホテルスウィングというラブホテルがあったのでそこに向かいました。途中でコンビニに寄ってお菓子などは買いましたが、お互いあまり口を開くことはありませんでした。

 

騎乗位もフェラも極上だった

 

そしてホテルの部屋に入り、僕はパンツ一丁になりました。ホテルに入るとすぐパンツ一丁になるのが私の癖なのです。

 

すると彼女も恥ずかしながらも、上着を脱いでベットに寝転がり、布団にくるまりました。

 

この時には私ももうギンギンだったので、彼女の体を触り、舐め回しました。

 

期待通り彼女の胸はとても大きく、そして柔らかかったです。こんな特上の胸を触ることは初めてだったので、私はとても興奮していました。

 

初めは正常位で性行為を始めました。久しぶりの性行為という事もあり、私はすぐに射精してしまいました。彼女もあまりの速さに驚いていましたが。回復も速かったのですぐさま2回戦に突入しました。

 

彼女は騎乗位もとても上手く、とても性的な腰使いで私の性器を挿入していました。

 

2回戦という事もあり、中折れしてしまい最後まではできなかったですが、私は大変満足でした。

 

と同時に、このまま彼女と付き合っても良いのだろうかと疑問に思いました。確かに彼女との性行為はとても気持ちよかったのですが、初対面ですぐホテルに行ってしまい申し訳ない気持ちができてしまったのです。

 

彼女は付き合う気が満々だったようですが、私は仕事が忙しいから彼女を作る気はないと嘘をつき、その日は別れました。

 

以降、彼女とは連絡をとることもなくなりました。彼女のラインのトプ画が男との写真になっていたので、恐らく彼氏ができたのでしょう。喜ばしいことです。

 

最後に、どうすれば出会ったその日に性行為ができるかという話ですが、正直個室に入ってさえしまえば雰囲気でそのまま行けます。

 

以上が私のマッチングアプリで出会った巨乳の女の子とのお話でした。

 

【関連記事】北川景子似のエロい女子とカーセックス【ワクワクメール】

page top